お知らせ

2017 / 12 / 18  13:35

練習試合

昨日は、1月の全国大会に出場する

3年生が、玉島北中学と練習試合でした。

いつも入るシュートが、ことごとく

リングに嫌われ、選手はだいぶ

フラストレーションをためた試合となりました。

でも、随所での速攻やパスワークは、

とても寄せ集めのチームとは思えないナイスプレー

で1月が楽しみになりました。

宇田コーチが試合後に数名の選手と話している

ときに、こんなことを言っていました。

「シュートなんて、入らない日、プロでも

 ある。その事を、気にしてばかりだと

 ますます入らないし、気持ちが下がるし

 もったいない!

 バスケは他にもやることいっぱいある。」

シュートが調子悪いなら、走って速攻を

狙う!ディフェンスで足を動かしてリズムを

つくる、オフェンスリバウンドに飛び込む、

声を出す!

シュートがなかなか決まらない今日の自分を

別の自分にするのは、自分。

捉え方を変えて、1分でも早くいつもの

自信のある自分にもっていけるか?!

そういう選手は、チーム全体のムードが悪いときに、

必ず突破口を開いてくれる。 

アダプトは、そういう選手の集団でありたい。

ADAPTサポーター100プロジェクト~ご支援いただいてる皆さま~