お知らせ

2018 / 01 / 18  15:53

1/17ナオさんのADAPT日記

またも出ました!

「今日のゲーム練習が今までで一番良かった。

 みんな確実に良くなってる」

昨日は、練習最後の円陣で、納谷コーチから

選手へ直接のコメント。

前回から記録?更新した?!(笑)

確かに。

前半にやった強いディフェンスがゲームに出ていたり、

同じ選手からふたりの別の選手へ立て続けに

見事なブラインドパスが決まったり。

オフェンスどおし、仲間の特徴ややるプレイ、 

信頼関係が出てきた証拠。ちゃんと目を、

息を、合わせている証拠。

3P もよく決まったなぁ♪♪

また、昨日は体験に来た1年生がいました。

ゲームの合間に各自シュートを打ってるときに、

私が数名の選手に、

「こういうとき、チームなんだから一人に

 させないことが大事だよ~」と話していたら、

、、、

ふと見ると別の選手が自分から近寄っていき

同じリングでシュートを。

そして何か話しかけていました!

見学に来ていた選手は、少し照れ臭そうに

何か答えていました。

思い出してほしいです。 初めてADAPTに

にきた日のこと。

ワクワクとドキドキで胸が張り裂けそうだった

はず。

どんな人がいるんだろう? どんなコーチだろう?

どんなレベルだろう?自分はやれるかな?

たぶん殆どの選手が不安の方が大きかったはず。

これから見学や体験にくる選手、新年度入部

してくる新1年生。 みんな君たちのあのときの

ような気持ちで最初はいます。

ADAPTは、

「歓迎するムードを表現できるチーム」

でありたいです。

そういえば、今日あるミニバスの選手のお母さんと

話をする機会がありました。その中で、

「ナオさん、バスケットって、人がどう動くか

 見て自分がどうするか、、て大事ですよね?

 ということは、コートの外でも、後輩に声かけたり

 気をまわしたり、人に感心をもつことも重要です

 よね!」と言ってました。

その通りですよね?!

コートの外で人に気を配れる人は、コートの中でも

活躍します。

仲間が取りやすいパスを出す、

シュートが決まった仲間に、

連続でミスをしてしまった仲間に声をかける、

フリースローの前にみんなを集めて気持ちを入れる、、

などなど。

全部「自分のことだけ考えている」選手には

見られないですよね?!

とにかく周りをもっと見渡してみて。

コートの中でも、外でも。

自分ができること、まだまだいっぱいあるはず。

そして、、

昨日はもうひとつ大きな変化を発見しました。

「ゲーム中にミスをしたらすぐ取り返す!」

この意識が出てきた選手がいます。

簡単なシュートを落としてしまった後に、

人一倍すぐ戻る。

パスミスをした後に、次のディフェンスで

インターセプトを狙う。

自分が持ち過ぎてリズムを崩したオフェンスに

なった後の次の攻撃は、速攻を狙い走る。

「本気」が見え始めてきました。

 納谷コーチから先日初試合の発表があったからかな?

みんなスイッチが入ったと思う。

3月3、4日「ADAPT HOOPSTAR CUP」開催決定!

詳細は随時アップして参ります♪

 

 

 

 

 

 

 

 

ADAPTサポーター100プロジェクト~ご支援いただいてる皆さま~