お知らせ

2018 / 01 / 22  13:46

1/22ナオさんのADAPT日記

練習が段階をふんで、「バスケットボール」に

なってきました!

???

どういうこと?て思うかもしれませんね(笑)

11月の体験会初日に納谷コーチがこんなことを、

来てくださった人に言いました。

バスケットボールは、5×5で、15m×28mのコートを

高さも利用しながらゴールを決めていくスポーツ。

その楽しさを教えていきたいと。

ドリブルだけが上手でも、

シュートだけが得意でも

本当のバスケットの楽しさを知ることはできません。

バスケットはフルコートで両端にある3.05mの高さ

で直径が45cmのリングに相手より多く点数を

いれた方が勝ち!というスポーツです。

つまり、入れさせないこと(ディフェンス)だって

面白さのうちなのです。

 前回の練習からディフェンスのボールラインの話や

なぜ相手に少しでも遅くボール運びをさせた方が

いいのか?という話に及びましたね?

オフェンスでは、いよいよ来月からフォーメーション

も教えるよと。

フォーメーションというと、難しいと思ったり

思うようなプレーができない?なんて思う人が

いるかもしれませんが、、、

これは、前述したバスケットボール

の面白さを考えれば、相手より1点でも多く

ゴールするための作戦。秘策のひとつ。

秘密の動きなんです。何だかワクワクしますね!

ましてや、フォーメーションなんてしていない

ふりをして、

実は5人が、いやベンチも全員が同じ動きを考えて

1本のゴールを決めるために動きや息を合わせる。

決まったときの興奮は、想像するだけでも

ドキドキします。

ディフェンスだって同じ。

辛いとか、つまらないなんて思わないで。

1本でも少なく相手のゴールを押さえるためのもの。

自分のマークマンのこと、ボールをもっている人のこ

と、相手がどんなことをするか予測すること、 

フルコートディフェンスや、

ダブルチームディフェンス、そしてマイボールに

するためのディフェンスリバウンド。

ディフェンスは5人で体系化していることをきちんと

知ればもっと面白いと思うはず。

そして何といってもバスケットボールの盛り上がる

プレーのひとつ「速攻」。

これが決まったときは、一気にゲームの流れが

変化します。

フルコートでやるバスケットボールのスピード感や

迫力、分かりやすさが詰まっていてナオさん、

大好きです(笑)

さて、3月3、4日のADAPT  HOOPSTARカップ!

県内中学及び県外中学、クラブチーム8チームによる

トーナメント戦。

負けチームも交流戦がありますので、各チーム

1日2試合確約の大会となります!

お昼前後には、納谷コーチのクリニックと、

春に中学進学予定の岡山県内小学6年生による

ゲームタイム企画もあります!

クリニックや、小6ゲーム企画は、

ADAPTに加入が決まっていない選手も

大歓迎!

2月に入りましたら出場の募集開始を

致しますので、お楽しみに🎵

 

 

 

 

ADAPTサポーター100プロジェクト~ご支援いただいてる皆さま~