お知らせ

2018 / 01 / 31  23:24

ナオさんのADAPT日記【試合のための練習】

明日から2月ですね!

2018年に入り早くも1/12が終りました。

この1ヶ月はみなさんどうでしたか?

ナオさんは、何といっても今年は年初にあった

全国大会から、本業の出張、息子のミニバス新人戦、

2種類の勉強会参加、、全てにおいての新たな出会い、

気づき、学び、、と数年ぶりに「初めて」や

「チャレンジ」続きのひと月でした。

あっ、アキレス腱が半年以上経過し、やっとドクターに

もう病院にこなくていいよ、、ここからはちゃんと

動かしてね!といわれたと

思ったら、今度はたぶん肋骨にヒビのようで、、、

今日ADAPTのお母さんに雑談の中でそのことを

お話ししたら、「えっ!なんで?笑いすぎで?!」

と突っ込まれました。嬉しい突っ込みに、

そんな風に感じてもらえてるんだ、、とちょっと感動。

本当は別の理由が原因で、、、ドクターに

「そういう人、1、2年に 1人くらいいるんだよね」

と言われました(笑)

さて、今日の練習は、宇田コーチの声を出すとは

こういうこと!という凄い見本がでたり、

納谷コーチがディフェンスの時のみんなの気持ちを

言い当てたり、5on5では、「おっ!」というパスや 

ドライブインが連発したり、、ADAPTメンバーが

伸び伸びとプレイする雰囲気や「きっかけ」作りが

出来てきたな?と感じています。

一方、最後に両コーチが同じことを言っていました。

「練習のための練習ではない」

「僕らが教えているのは、ただシュートや

 ドリブルがうまくなることではない。

 試合で使える、試合で勝つためのことを

 伝えている。それをやらなければ意味がない。

 すぐに出来るとは思わない。まずは、やろうとする

 ことが本当に大事」

 

3月3、4日の初試合。

兵庫、京都、徳島、香川のチームからご参加

頂くことが決定しております!

ADAPT設立の目的も、今回の試みの目的も同じ。

岡山県内のバスケットをしている選手がひとつでも

多く有意義な経験を積む場を提供したい。

中国大会や全国大会に出ない限り、他県の選手と

試合することはなかなかないと思います。

また、どこまで及ぶかは分かりませんが、

ひとりでも多くの選手が体験できる施策実現にむけ

いろいろ動いています。 

実践的で未来を見据えた2日間になるよう尽力

いたします。

ぜひお楽しみに🎵

 

 

 

ADAPTサポーター100プロジェクト~ご支援いただいてる皆さま~