お知らせ

2018 / 02 / 04  14:34

ナオさんのADAPT日記【強いチーム】

昨日は別の集まりがあり、ADAPT

練習に参加できませんでした。

でも、集まりでは岡山で30年以上クリニックを

開業されている方や、岡山の素敵なことを

紹介したり育てるコミュニティを支援されて

いる方、まさに子育て真っ只中の方々などが

いらっしゃり、ADAPTの活動に、また違う角度から

アドバイス、ご支援も頂くこととなり、

とても貴重な時間でした。

そして今日は、岡山ウィンターの最終日を

納谷コーチと見に行く道中、昨日の練習の

フィードバックをもらいました。

細かい話もたくさん出ましたが、

日記で伝えてしまうと、本意とは別の解釈を

してしまうかも?というものもありましたので、

シンプルだけど、でもとても肝心なことを

ひとつだけ。

「5×5も4チーム作れる規模になってきた。

毎回どのメンバーと同じチームになるかわからない。

だからこそ、その中で自分がなにをすれば

今日のチームの中で貢献できるのかを

大事にして、思いきって表現してほしい」

 

さて、ウィンターは、午後の予定があるので、

準決勝の2試合を見てきました。

玉島北中学校の試合を見て、ナオさんが

思ったのは、まず、ディフェンス。

まるで5人が糸で繋がっているかのようでした。

ひとりが出れば次の人がそれに反応。

当然他の3人のポジションもかわります。

5人が糸で繋がっていて、一人がオフェンスに

反応して動くたびに、繋がった5人の輪が

形を変えてコート内を這うようなイメージ。

もちろん1×1の強さもありますが、同時に

チームとしてのディフェンスが徹底している。

たぶんとても練習をしていて、

頭と足を使わなくてはならなくて、

同時に責任感がないと出きないチームディフェンス。

思うのです。

パスで繋いだ見事な速攻で最後のシュートを

ポロッと落としてしまったとき、

誰かが絶妙なアシストパスをしたけれど、

もらった側がノーマークシュートを

落としてしまったとき、本人もベンチも

会場も?!(笑)「あ~~~っ、、」て

落胆しますよね?

実はチームディフェンスも同じ。

チームでの決まりごとをみんなで守り、 

足と頭を使って、オフェンスを追い詰めた、、

予想通りのところへ苦し紛れのパスが出る!

きた!!!狙え!

本来ここで、インターセプト!という場面。

でも、三人目、四人目のディフェンスだけが

反応できていないこと、、ありますよね?

そんなとき、私はシュートを落とす以上に

「あ~~つ、、、、」と落胆します。 

そして、ここを反応できなかったこと、

もっともっと重く受け止めて!とおもいます!

この瞬間のために、チームディフェンスして

いるんです。仲間が足を使って声をだし合って

神経を研ぎ澄まして守っているんです。

これは、うまいとか下手とか関係ありません。

バスケットの仕組みをよく理解して、

ディフェンスの大切さを痛感して、

その中で都度の自分の役割を徹底できるか?

そのためには、ディフェンスこそ責任感を

もって集中して相手の動き以上に仲間の

動きをあえて気にしてプレーすることが

できるか?だと思います。

長年岡山で、チャンピオンであり続ける

強豪校の強さのひとつなのだろうと

思いました。

そして、もうひとつ。

バタバタとした音がしない感じを受けました。

昔、こんな経験をしたことがあります。

体幹トレーニングのピラティスの師匠が

静かなスタジオで歩いていても足音がしません。

歩くときにボディーコントロールができて

いるんです。

今日の試合をみて、なぜかその時のことを

思い出しました。

走るときもパスするときもシュートも体幹が

しっかりしていて身体をコントロールされて

動いている感じ。ふにゃふにゃとか、ドタバタ

という動きがない。無駄がない。

だから、相手を抜く一瞬とか、ディフェンスの

一歩目が速い、キレがあると感じました。

長い距離を走スピードではなく、出だしの

相手をかわす一歩目。

こういう速さと強さがバスケットには

本当に重要だと感じました。

いろいろな選手や、いろいろな指導を

見て学ぶのはとても有意義でした。

最後に、、

かねてよりご案内のADAPTカップ。

県内は試験中ということで、チームとして参加

できるところが限られてしまうようです。

逆に県外は、京都、徳島、香川、兵庫、奈良と

参加表明を多数頂いております。

そこで!当初想定した2日間のトーナメントでは

なく、岡山県内のバスケットを愛する選手が、

ひとつでも日常と違った経験ができる時間を

作ろう!ということになりました!

題して

『ADAPT HOOPSTAR バスケットフェス♪』

   ~~岡山バスケット祭り~~

日程は3月3、4日変更なし。

⚫県外5チーム+現ADAPTメンバーのゲーム

⚫個人エントリーによる小学6年生チャレンジゲーム

⚫岡山学芸館高校 島田篤コーチによる

 バスケットクリニック

⚫岡山商科大学付属高校 納谷幸二コーチによる

 バスケットクリニック

⚫???

⚫???

この他、試験中ということで、

勉強第一に優先した上での中学生個人エントリーの

ミニゲーム、もしかしたら先日全国に行った

ADAPT 0期メンバーのゲームなどなど

実現に向けて諸々調整中です!

資格や所属関係なく、岡山でバスケットが

大好きな選手にとって有意義で

『楽しく、ヒントや刺激を得る』時間にしたいと

思います。

もうしばらくしたらエントリー受付開始します♪

 

 

 

 

 

 

ADAPTサポーター100プロジェクト~ご支援いただいてる皆さま~