お知らせ

2018 / 02 / 10  23:15

ナオさんのADAPT日記【初の試み】

納谷コーチは高校の中国大会へ。

今年も流行りものに苦戦(涙)

「うちだけじゃない、他の県も、平昌オリン選手も

 同じ状況だよね、、健闘祈る!」と送り出しました。

宇田コーチも都合がつかず、今日はナオさんによる

勉強会?妄想会?いやいやイメージトレーニング、

メンタルトレーニングでした。

2年生は「1年後の俺」

1年生は「2 年後の俺」として、

①身長 体重

②フルで試合に出る選手として平均のスコア

 得点、アシスト、リバウンド、スティール

③チームNo1のこと

④思い出に残るスーパーシーン

⑤苦手なプレーを克服したエピソード

上記を既に達成した選手として

全員発表してもらいました。

このトレーニングの目的は、目指す自分(ターゲット)

を明確にすること、そのためにはどんなアクションが

必要なのか?を「自分で」考えることです。

そうすることで、今まで何となく思っていた憧れの 

プレーや強み、逆に弱点、それをどうやったら

克服できるか?を考えるきっかけになります。

発表は、あくまで「成し遂げた選手として」

自信に見溢れた態度でね!と要望してはみたものの

みんな恥ずかしそうに、発表してくれました。

何が正解なんてありません!

自分で妄想した1年後、2年後にむけ、ではどうしたら

いいか?を、しっかり考えシートを完成させる!

次回の練習までにと宿題を出しました。

そしてもうひとつ、伝えました。

変わることや、頑張ること、照れ臭いかも

しれないけど、でもそれがかっこいい!ということを

知ってほしいと。 

おちゃらけたり、遠慮するよりも、

大きな声をだし、髪を振り乱して走り、

目を見て仲間に頑張ろう!と言える人がかっこいい 

のだと思うのです。

だから変わることや、がむしゃらになることに  

臆病にならないでほしい。

その先に見えるものは本当に眩しい世界があるから。

でも、、、家に帰ってきて、ふと思いました。

ADAPTメンバー、

岡山で初となるクラブチームに入ってきたこと、

部活との兼ね合いの中で体力的にも精神的にも

踏ん張っているだろうということ、

遠い中、寒い中、自転車をこいで、、、、

電車とバスを乗り継いで、、、、

ADAPTの練習に通うこと、

そんな彼らは今でも十分格好いいし、

輝いている!

自分で決めたこと、思いっきりやってみよう!

今よりももっと自分を好きになれるはず。

 

ADAPTサポーター100プロジェクト~ご支援いただいてる皆さま~