お知らせ

2018 / 08 / 14  21:44

ナオさんのADAPT日記(遠征振返り)

週末滋賀への初遠征からの息子のミニバス大会。

バスケ三昧のお盆を過ごしています(笑)

ミニバスも熱かったですね!

優勝、および上位入賞されたチームの方々

おめでとうございます!

また、全てのみなさま、本当にお疲れ様でした!

さて、ADAPT初遠征。

やっと落ち着いて納谷コーチとの振返りが済み

保護者のみなさまにFBのメールをしました。

今回は、神奈川、愛知、岐阜、三重、福井、大阪、愛媛から

U-15のクラブチームと、商大附の他、静岡や石川などの

強豪高校が集まるキャンプでした。

今まで対戦したことがほとんどないであろう体格やスピード、

キレのある選手がいるチームとゲームをさせて頂き、

それぞれの選手が本当に感じることが多かった

遠征だったと思います。

ナオさんも慣れないベンチに入り、

それでもジュニア時代のバスケットで大切なこと、

5on5のゲームで大切なことを改めて痛感して

そして、今後のスタンスをやはり固く決意し、

帰ってきました。

選手のみんなも明日からの練習で

今回の遠征で感じたことを早速活かして

ほしいと思います。

随所で見せてくれた数々のナイスプレーも忘れないよ♪

 

一方で、集団生活はとても楽しそうでした。

「高校生がお風呂にはいってて入れないよ~」とか

「〇〇がうるさいよ~」とか

「あっ、みそ汁もあった?」とか

野菜を一切焼かないBBQのテーブルとか、

楽しませてもらいました。

比較的?みんな良い子でした(笑)

(だと信じています)

 

ただ、全般的に、もう少し自ら考えて動く、

人と一緒でなくても、今すべきことを考えた

言動をできる選手が増えてほしとも思いました。

これからの課題ですが、ADAPTは伸びしろがある!

期待したいと思います。

 最後になりましたが、

遠征前に保護者さまに

「どうか自律を促すようにしてほしい」と

お願いしました。

気持ちをくんでくださりご対応下さった

ことに感謝致します。

今回それにより見えてきたことがとても

多かったと思います。

ミニバスから中学生になり高校への

準備期間。

すぐに大人が思うようなことには

ならなくて当然だと思いますが、それでも

ADAPTで悔しいことも、モドカシイことも

逃げたい気持ちもたくさん経験して、

「あの時、俺は乗り越えた」という自信を

つけてほしいと思っています。

だから「今」が問題ではありません。

「これから」を見守りたいと思っています。

20180812_071412.jpg20180812_070400.jpg

20180812_080856.jpg20180812_064008.jpg

 

 

ADAPTサポーター100プロジェクト~ご支援いただいてる皆さま~