お知らせ

2019 / 05 / 07  15:28

ナオさんのADAPT日記(練習試合)

20190506_093431.jpg

 

20190506_093438.jpg

 

 

最初に、、、、

せっかくのゲーム練習だったのに、

プレーをみるのに必死で余裕がなく、

なんと写真をとることを忘れていました。

冒頭の写真は、昨日大学さんの外通路で

見つけたものです。

このようなデイスプレイは

一般学生さんも、来訪者もイベントを

知ることができ、

とても素晴らしいと感じました。

また日本バスケの応援にもなりますね!

 

では、昨日の振り返りを、、♪

昨日は、姫路と大阪にチームがあるクラブさんが

ゲームに来て下さいました。

ケガや体調不良でベストな体制ではなかったよう

ですが、皆さんアグレッシブにプレーされ、

なかなか県内では、練習試合のアレンジが

まだまだ難しいADAPTにとって、

とてもとても貴重な経験となりました。

朝から集合し、チーム内ゲームを含めると、

3ゲーム半?くらいやったのではないでしょうか?

ADAPTメンバー内でパターンを色々変えての

ゲーム練習はとても刺激的です。

最後の集合時に選手に「今日どうだった?」と

聞いたら「楽しかった!」と即答でした。

それが一番。

3月のバスケ祭りから始まり、

先月、今回と、県外クラブとのゲームを

通じて、より「チームらしく」なってきました。

決まったフォーメーションも決まりごとも何も

ないADAPT。

ただいいバスケをするために、ADAPTらしい

バスケをするためにみんなが

「徹底すること、意識すること」はあります。

 ゲームも「競うこと」「闘うこと」ができる選手が

増えてきたので「負けたくない!」や「勝ちたい!」が

プレーにも表れ、びっくりするような

ナイスプレーも出てきました。

昨日のお相手から、お礼と共に、有難いことに、

来月も交流依頼のご連絡を早速頂きました。

わざわざ県外から来て頂くことは本当に

有難いことです。

岡山インターからすぐの岡山商科大学さんの

体育館をお借りできているのも、とても

大きなことで感謝せねばなりません。

また、昨日選手にも話をしましたが、

メインコーチがいなくても、大学生コーチが

ベンチに入ったり、審判をしてくれるから、

このようなゲーム練習をすることが出来ます。

「当たり前」とは思わず、きちんと感謝の

気持ちをもち、挨拶やお礼などで

表現できるようにしてほしいと話しました。

大好きなバスケットが思いっきりできる環境が

あることに感謝できるクラブでありたいと

おもいます。

 

 

 

ADAPTサポーター100プロジェクト~ご支援いただいてる皆さま~