お知らせ

2019 / 07 / 08  11:11

2019七夕福岡夢繋ぐツアー♪

2019年7月7日七夕。

昨年は新潟アルビレックス

庄司ヘッドコーチをお招きしての

バスケイベントを企画していましたが

西日本豪雨でやむを得ず当日中止を決断。

今年は、、、、、、

 

「2019七夕夢繋ぐ福岡ツアー」と称して

「福岡大学附属大濠高校」と

「福岡市立西福岡中学校」を訪問して参りました!!!

まず初めに、この度、大事な時期にも関わらず、

こちらの勝手な申し出を受けて下さいました

西福岡中学校の鶴我先生、大濠高校の片峯先生、

選手、西福岡中学校の保護者の皆さまに

心より御礼申し上げます。

 

少し長くなりますが、レポートさせて頂きます♪

新年度に入り、ADAPTは初の外出。

というのもお蔭様で、回数も増えてきた県外クラブ

との練習ゲームは全て先方が岡山に

来てくださっていて、

また初出場した5月の県内リーグも、

いつも練習をさせて頂いている

岡山商科大学さんの体育館をお借りできたので、

ADAPTは、クラブですが、ホストチームと

なりました。

よって、新チームになって試合に出たことが

ありませんでしたので、これが初めて。

それもいきなり新幹線日帰りで福岡県。

(往復のぞみ利用で8990円!という

驚く金額のツアーでした)

 

朝7:30に駅に集合、

選手18名、CBくん2名、保護者スタッフ6名の

総勢26名。

遅刻もなくすんなりチケットも配布でき

出発。朝ごはんを食べたりしながら

あっという間に博多に到着しました。

在来線に乗継、大濠公園駅から高校まで

梅雨とは思えぬラッキーな晴れの

お天気の中、大きな池がある大濠公園を

突っ切って、、、、高校までの道を

一部の選手がナビを見ながら先導。

ありました!ここだ!

まずはみんなで写真撮影(笑)

 20190707_103241.jpg

守衛さんにご挨拶して体育館までの

行き方を聞き、進みました。

大学のようなキャンパスで、

日曜日ですが、いろいろな

部活が活動している様子でした。

我々は、まず体育館ギャラリーから

練習ゲームを見学し、その後少しの時間に

なってしまいましたが、

フロアに降りることを許可されました。

YouTubeや月バスで見る選手がいて、

「お~!!デカい!」とか「凄い!」とか

みんなドキドキ。

ナオさんは、待機中の選手を見つけ

一緒に記念写真をおねだり(笑)

大濠の選手が2名ずつ入ってくれハーフ

コートの4on4をしようということになり、

少しだけ遊んでもらえました(笑)

イイ記念になりました。

20190707_115352.jpg 

20190707_120057.jpg

 

その後は、学食を利用させて頂き、

お昼ご飯。

20190707_123647.jpg

3月までADAPTにいたユウキ、ハルキ、ダイチが

別会場での活動からちょうど戻ってきて

会うことができました!

まだ4、5、6、7月と4ヶ月だけど、

みんな高校生らしくなっていて、何だか

びっくりしました。

ユウキがすぐにこちらに来たり、

チビをかまってくれるところ、

ハルキがちゃんと保護者の方まで挨拶に

来てくれるところ、

ダイチが冗談をいうところなど、変わって

いないところも見れて嬉かったです!

 

その後、今度は六本松駅に向かい

タクシー。タクシー乗り場がなく、

メイン通りで6台をGETせねばなりません。

みんな積極的にグループにわかれ、

順にタクシーをとめ乗り込みました。

みんなしっかりしてる!

到着すると、鶴我先生が体育館前で

待っていてくださり、すぐに選手も

出てきて、はじめましてのご挨拶。

凄い人数!!!50名以上いるとか。

お待たせしてしまっていたので、すぐに

準備し合同練習開始。

近年全中優勝、準優勝の中学校の選手と一緒に、

また長年多くの実績を残されてきている

先生の練習です。約3時間!!!

まず先に結論からいうと

身体はクタクタ、、、心は満タン。

この練習の感覚をADAPTの選手は忘れることは

ないと思います。

体幹やフットワークなど身体作りの練習から

ファンダメンタル、場面を想定した1on1や

アウトナンバーの練習、トランジション練習と

ストーリーがあり、非常に多彩かつ

ポイントを絞った練習が展開されました。

ADAPTの選手の日常は、

部活動でのバスケと、

プラスアルファでADAPTのバスケです。

週2~3回のADAPTでの活動も

空気感や求めるレベルは、どうしても部活動

の延長に近いくらいのものに

なっているという課題がありました。

「どうしたらみんなに伝わるかな?」と

いつも考える中で、

「あれ?もしかしたら、知らない?」

という思いが募っていました。

どういうことかというと、

「スピード!」「切替!」「簡単なシュートを入れる」

とかいろんな声掛けをします。

「変化しよう!」「自分の本気と向き合う!」

「チェレンジしよう!」など。

でも、例えば「スピード!」てどれくらい?

本気で走ったら何が起きる?

練習も試合もコートの中で気を配ったら

どんな効果がある?

そんなことを実はより具体的に経験したことが

ないのでないか?

そうだ!

「全国の中学校で1番になったことがあるバスケ」

をYouTubeなどではなく、実際に体感できたら

どうなるんだろう???!!

 

昨日の練習は、先方のご配慮で、

本当に「中に入って」やらせて頂きました。

1on1やアウトナンバーの練習も

ADAPTの選手が西福岡の選手と

対戦できたり、同じチームになったりです。

すると、ふだんと何もかもが違います。

いつももらえるのにもらえない、

通るパスがとおらない、

のんびり打ったらブロックショット。。。

「走る」スピードも違います。

例えば3メン。いつものスピードでは

成り立たないのです。

みんな血相をかえて走っていました。

トランジション練習も、

いつも一歩も二歩も遅い選手が、

猛スピードで戻っていました。

そう「つられる」のです。

極めつけは、西福岡の選手が、ピシゃっ!と

素早い「グッドパス!」をくれました。

ふだんならキャッチミスしそうな

パスです。

そこに見事に合わせて動くことが出ていた、

そしてパスが来ることを予想し

準備が出来ていた、

ADAPTの選手が

いいタイミングでいいパスをもらい、

シュートを決めました!

今までに見たことがない何とも言えない

エキサイティングな顔をしていました。

そんな選手の姿や表情を昨日はたくさん

見ることができて、

本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

最後は、こんなにハードなメニューを

してこれから岡山へ帰るからと、

西福岡の選手がみんなの足をケアを

してくれました。

1か月後には、誰もが憧れる九州大会や

全国大会で華々しく活躍するであろう

準備中の選手たちがです。

初めて会ったそれも違う県の友達、

ただ「バスケ」という共通点があるだけの

我々にそこまでして下さる「姿勢」や

「スタンス」に頭が下がる思いでした。

そして、保護者の皆様が急遽、駅まで

26名の我々を送って下さることにもなり、、。

車に乗り込んで、本当にお別れの時、

全員で体育館前で見送ってくれていた選手の

ひとりが、いきなり凄く大きな声で

「フレーフレーADAPT!!!」と

叫んでくれました。

もうナオさんは泣きそうでした。

国境?(笑)ではないですが、

県を超えて

「バスケや物事に取り組む姿勢」を

教えてくださった西福岡中学校の

みなさん、本当に本当にありがとう

ございました。

そして、数年も前からの

納谷コーチとのご縁に甘え、

この度、

鶴我先生には本当に唐突で勝手な

申し出をしました。大事な時期にも

関わらずご快諾頂き、そして、我々に

指導するということ、人との向き合い方や

生き方など多くのことを学ばせて頂き、

同時にそのホスピタリティには本当に

感動しました。

西福岡中学校のファンになったのはもちろん、

いつか対等に交流が出来るくらいの

クラブになることが今回のご恩返しに

なると思い気持ちを新たに邁進して

いきたいと強く強く感じました。

「2019年七夕福岡夢繋ぐツアー」

大成功!!!

今回これなかった選手にも、この「温度」を

練習で伝えてほしい!!!

 

改めまして、大濠高校の皆さま、

西福岡中学校の皆さま、保護者の皆さま、

ありがとうございました。

20190707_175402.jpg 

20190707_175416.jpg 

20190707_175213.jpg

 

 

ADAPTサポーター100プロジェクト~ご支援いただいてる皆さま~