お知らせ

2019 / 07 / 24  22:42

ナオさんのADAPT日記(初の試み)

中学校の県総体が終わりましたね。

選手のみなさん、サポートし続けた保護者のみなさま、

本当にお疲れさまでした。

今年度からはまだ引退しない3年生も

いるのかな?

アダプトの3年生は、少し前に部活を引退した

選手がほとんどで、今は8月1、2日と近畿方面への

遠征に向け気持ち新たに取り組んでいます。

今年からのJBAルールの変更や大会が

整備されたことにより、アダプトも体制が追い付く

よう進めています。

「環境作り」がナオさんの役目。

常に意識しています。

今日の練習は初めての試みがありました。

 宇田コーチのチームの大学生ふたりが

練習に参加。

ポジション別にレクチャーをしてもらい、

その後最後のゲーム練習に入ってもらいました。

まずは、ポイントガードのシンゴくんブース(笑)

6名が対象です。

シンゴくんは、昨年冬に、商大附属を初めて

 全国に導いてくれたポイントガード。

アグレッシブなディフェンスと、スピーディーな

ボール運びからファーストブレイクをメイクし、

チームを盛り上げたり、大学に進学後も持ち前の

声だしや、直向きな姿勢で評価が高い選手。

そして、キングくん。

岡山から、あの福岡第一高校へ進学して、

高校最高峰のバスケを学んで岡山へ戻り

進学した選手。

しなやかなシュートやパス出しが魅力で、

次はどんなプレーが飛び足すか見ていてワクワク

する選手。

2番ポジション8名のレクチャーを担当してくれました。

見本でみせるシュートや動作をみんな真剣にみている

様子。

最後はみんなのゲームを審判しながら、

みてもらったあとに、実際にゲームの中にも入って

もらいました。

まずは、ふたりと同じチームになったメンバー。

ひとりめは、今度の遠征は、

人生においてもっと大切な

スペシャルな予定をかちとったため、

泣く泣く不参加。

でも、ここ半年から1年で、身体もマインドも

バスケも急成長していて、

アダプトに「風」を吹かせている選手。

もうひとりは、バスケ経験2年目。

小学生のときに、他のスポーツで全国大会を

経験した選手。

そしてもうひとりは、伸びしろまだまだ抜群、

新しい景色を見れるか見れないかは

自分しだい!という3年生。

大学生ふたりと一緒のチームでゲームを

することにより、「肌でかんじてほしい」

そういう選手を選びました。

走ったらパスがくる快感、合わせる楽しさ、

仕掛けるワクワク、、、5人のうち、ふたり

大学生になるだけで、アダプトメンバーも、

まるで違うプレーが飛び出す。

一方で、敵となったメンバー。

マッチアップしながら、どんな動きをするのか、

どれくらいハヤイのか、強さがあるのか?

そんなことを感じてほしいと思いました。

出だしはすぐにのまれてしまい、、、、

でもポイントガードをはじめ、みんなが

何とかしなきゃ!と思っているのは

伝わりました。

ボールが運べないときの練習や、

知らんぷりしない練習したよね?

格上の相手と試合するときに、

頑張るシンプルなポイントはいつも

いい続けています。

ひとりでも多くの選手が、暑さや疲れや、

面倒ささ(笑)に負けず、「やるべきこと」に

コミットできるようになったら、アダプトは、

その時に、次の第一歩を踏めるんだ!

ナオさんはそう思っています。

そして、残念ながら見ている時間が長くなって

しまったメンバー。

どうしても、中学男子の世代は、身体つき、

キャリア(バスケの理解力)で、差が出てしまいます。

でも、逆転が大いにあり得る世代だとも

思っています。身体もバスケの理解も、マインドも。

でも、いきなりは、そんな劇的なことが起こる

競技でもありません。バスケは。

段階をへて身につけるのと、習慣化することが

重要なスポーツでもあると思います。

だから基礎を中心とするチームに入ったメンバーも、

その事実に、それなりの「意味かある」と

きちんと認識して向き合ってほしい。

誰よりも説明をきき、メインメンバーのゲームを

食い入るように見るくらいの選手が、

下克上を実現するのです。

自分がゲームをしないときに、おしゃべりしたり、

空いているリングでシュートしたり、ドリブルしている

うちは、まだまだなのです。

アダプトは、お陰さまで、実績やキャリアに関係なく、

このジュニア時代のバスケを、もっと思いっきり

向き合いたい!という選手が増えてきました。

上手い、そうでないに関わらず、

「姿勢」は一流を目指したいと思います。

だから、福岡ツアーも企画したし、今日のような仕掛けも

考えます。 みんな、もっともっと、もっ~~と、

心を震わそう!!!

そんな、自分に、そんな自分の可能性にきっと

びっくりするよ。

 

 

 

 

 

 

ADAPTサポーター100プロジェクト~ご支援いただいてる皆さま~