お知らせ

2019 / 08 / 25  06:37

ナオさんのADAPT日記(アイディアを持ってバスケを)

20190825_075831.jpg

昨日は、NBAヤングサマーキャンプからの、

U18日本代表の海外大会参加で

マサヒロくんが不在、

また長身の3年生2名もケガなどで不在というなか、

納谷コーチの商大附属がオールジャパン予選の

ゲームでした。

結果は負けてしいましたが、相手は大人で、

プロチームのサテライト。

背が凄く大きな外人も途中で出てきた中で、

高校生ながら、対等にいや優勢に戦う場面も数多く、

とても見ていて楽しかったです。

もうひとりのエースの負担はかなり

だったけど(汗)要所でさすが決めてくれてました!

 

 男子は中学生頃から「身体」が変わってきます。

大人になるにつれ、筋肉量やホルモン量が

やはり体格に表れるので、年齢やカテゴリーは

非常に影響します。

現に身長や相手の当たりを考えると、

3年生3名がいない中、コートでケガの心配なく

戦えそうな選手の数も少ないようでした。

そのしわ寄せで、ファールがかさみ、

戦うべきところで、本来のアタックが出来なかったのは

ゲームとしてはもったいなかったな~(笑)。

一方で、これは商大附属のゲームを見ていて

いっつも「うぅっ~~~!!!」って思うから

この際だから書きます(笑)

選手が何人見ているかな?(笑)

詳しい数字は知りませんが、

昨日のゲームでいうと、

相手が得点したときのほとんどが、

インサイドシュートと、こちらがシュートを

落としたりミスをした後に、

戻る前にひとりがドリブルでそのまま普通に

レイアップシュート。

それとこちらのファウルが多かったので、

フリースローかな?

巧みに攻められた、、、という場面はなかったはず。

体格さとファウルトラブルでインサイドは

仕方ないとして、戻る前に簡単にドリブルでゴール

まで持ち込まれるのは、本当に本当にもったいない!

守ったときは、相手のミスに繋がっているんだから。

 もう30年近く前?の話になっちゃうけど(笑)

ナオさんも東京成徳では1、2番ポジションでした。

ディフェンスリバウンドは行ったけど(笑)、

オフェンスリバウンドなんて、むやみにいかない。

セイフティガードで、みんなが戻るまで、

どこを優先的に攻めてくるか

いつも凄く意識をむけて、「何番いる!早く戻って~」

とか「かわりにつく~」と叫んでいました。

もちろん自分がつくガードがドリブルで運んで

くるときは、そのスピードや勢い、パスの視線を

早く遮ることに必死になりました。

「守る前にやられる」

これほど悔しいことはありません。

冬の大会でもうひとつ先の景色を見るために、

ぜひ拘ってほしい!

ファンの一人として言いたい♪

 

話は戻って(笑)、昨日は宇田コーチの商大も

ゲームがあって、ハーフタイムにいつも

練習ゲームをしてよく知っている高校生に

声をかけてくれていたりと、何だか見ていて

とても嬉しい気持ちになりました。

宇田コーチ就任3年目。

岡山にきたときは、部員が0?翌年数名、、

それが今年はお陰さまで、色々な意味で

体制が整い、いよいよ本格的にスタートが

きれたんだなぁと思ってみていました。

納谷コーチとナオさんと同じ拓大の後輩、

関東出身で岡山移住組。

「置かれた場所で咲く」

我々もふくめ目指したいです。

 

さて、夜はADAPT。

涼しくなってきたこともあり、昨日は

動きが良かった選手が多かった!と納谷コーチも

言っていました♪

ナオさんはみんなにまた新しい課題を出しました。

「アイディアを持ってプレーしよう!」

今のみんななら、このことが、これからの

ADAPTでのバスケットの「肝」になってくる。

以前は、なかなかこの意味も伝わらなかったはず。

でも、今ならみんなストンと落ちたのではないかな?

と思っています。

前は、誰かがドリブルしていて、

他の4人は立ち止まってみてしまう、、

そのドリブルに「何となく」合わせる、、、という

オフェンスしかみんな出来ませんでした。

そこには誰の「アイディア」も存在しません。

ボールを持ってドリブルしている人でさえ、

いってみれば、1on5の状態。

アイディアがあれば、そんな状態で、

いつまでもボールを保持するわけがありません。

アイディアはそこにはなく、目の前のディフェンス

しか見ていないのです。

他の4人も立ち止まってしまうということは、

アイディアはない。

これでは楽しくなんてありません。

でも、意識しないと、こういうバスケットに

陥りやすいもの。

 だから、このポイントは、これからも

うるさく言うよ!と忠告しました(笑)

もちろんこれはディフェンスも。

今はディフェンスは、全くノーアイディアだよ(笑)

とも伝えました。

ディフェンスにアイディアが生まれれば、

オフェンスも絶対にうまくなる!

オフェンスにアイディアが生まれれば、

ディフェンスも絶対にうまくなる!

バスケットとはそういう競技。

みんながこの意味を分かるようになってきている

ことに、とてもとても未来を感じています。

今、自分がどう動いたらいいか?わからない選手、

アイディアを持ってプレーしてみて!

そしたら、「意思」が出てくるから、必要なことは

仲間につたえなきゃと自然と声が出たり、 

バスケットを勉強してみたいと思ったり、

誰かに質問してみたり、すべきことまで

見えてくるはず!

 「アイディアをもってバスケを♪」

 

 

ADAPTサポーター100プロジェクト~ご支援いただいてる皆さま~