お知らせ

2019 / 09 / 23  21:49

ナオさんのADAPT日記(リーグ戦初日振返り)

待ちに待ったU15リーグ戦初日、
今日は2敗しました。
プレーは、本来の力を100%
発揮したとは言えませんが(汗)
総合的に、クラブとしてみんなで
大切にしてきたこと、
それは出来ていました!
周りや、1日の流れに気を配り、
県内大会では新参者のわりには、
スムーズにチームで動いて
いました。
もっというと、ADAPTはそれぞれ
違う中学校に所属しているので、
細かいルールなども個別に異なります。
それでも状況をみて、王道をきちんと
しよう!そう心がけています。
それでも、
思いとは裏腹に、
得点がどんどんひらくとき、
思うようなプレーが全くできないとき、
ベンチが暗くなるときもありました。
それでも、
総合キャプテンは、
ひたすら
コーチの言うことに返事をし、
自分がうまくできなくても、
皆にやらねばならないことを
しゃべり続けていました。
それをみて、数人の選手も、
あ~だこ~だと、一生懸命に
ベンチで見ている感想を伝えたり
していました。
コートに出ていて、なかなか
ミスが続いた選手も、自ら
「あ~!これじゃ、ダメだな!」なんて
声に出したりもしていました(笑)
何をいったら良いか?
自分が出来るかもわからないのに、
言えないよ、、そんなのは
普通の人の考えです。
自分がどうしたいか?
仲間にもっと走れ!もっと守れ!
と思ったら、それを伝えることが
できるのが真のスポーツマンです。
自分ができるとかできないなんて
関係ないです。
できないことは、素直に認めて、
仲間のアドバイスを聞けば
いいのです。
そして、自分が出たときは、
出来る!出来ないではなく、
やろうとする!ただそれだけです。
それができたら、やっぱり
スカッ!とするのです。
そして、課題も素直に受け止め、
取り組むことができる。
これがプラスのエネルギーだと
思っています。
ナオさんは、
今日は「う~!!!っ!」と
悔しい思いも確かです。
でも、何というか、それ以上に、
県内トップのチームがいるなかで、
我々のアイデンティティーは
きちんと出せていたこと、
クラブとしてうるさく言ってきた
ことに、みんなが真摯に取り組む姿に
とてもうれしく、
未来を感じることができました。
練習もゲームも限られた時間。
1日1日が本当に大切だと
みんなが感じたと思います。
せっかく出会った仲間。
もっともっと濃い時間を
共有していきたいです!
あ~、写真とるのを忘れてしまった((涙))
ADAPTサポーター100プロジェクト~ご支援いただいてる皆さま~