もっと知りたい Q&A

もっと知りたい Q&A

 

Q1.初心者でも入れますか?

→はい、入れます。

まもなく初心者クラス、バスケ準備コースを

新設予定です。

Q2.女子はありますか?

→はい、あります。

男子とは、だいぶ空気感が異なります。

基本的には、都度払いなので、

参加できる時のみお友達を誘って!!などが

可能です。

大学生コーチがいます。

Q3.男子の3年生は入れますか?

→はい、入れます。

ADAPTは3月卒業ギリギリまで、遠征や練習試合、

ADAPT祭りなど、3年生が活動できます。

受験と高校への準備と、バランスをとりながら

毎年充実した日々をみんな送っています。

Q4.遠征があるとお金がかかりますよね、、、

はい。遠征は毎月のクラブ費以外に費用がかかります。

ただし、これまで、通常の遠征や合宿では、一部は

クラブが負担しています。

目安は、日帰り新幹線遠征は京都で参加費12000円。

1泊バス遠征3食で16000円~18000円。

それ以上の時は毎回差額はクラブで負担しています。

2万円を越えないようにと思っています。

遠征は年に2~3回。もちろん参加は任意です。

Q5.試合や大会はありますか?

昨年度いうと、県内大会が3つ。

地方大会が1つ。

クラブ主催大会が2つ。

ADAPT祭りが1回。

その他、県外、県内とのホームにての

練習試合が5回前後でした。

Q6.商大附属に勧誘されますか?

されません(笑)

発足して3回卒業生がいますが、

県外強豪高校、県内では、岡山工業さん、

玉野光南さん、学芸高校さん、関西高校さん、

また朝日高校さんなど数多いです。

中には商大附属高校で進学クラスにて

文武両道の道を自ら選んだ選手もいます。

Q7.楽しいですか?

ぶっちゃけ(笑)楽しいと思います。

バスケをする上でADAPTの徹底したい法則があります。

それ以外は細かいプレーの決まりはありません。

レベルや時期に個人差はもちろんありますが、

ADAPTの仲間になってくれた選手は、

どんどんプレーの幅が広がっています。

一方で、あれやれこれやれ!というのが無いので、

自主性を否定する選手は難しいかもしれません。

今はできなくても、『考えてやってみる!』

という選手には合うと思います。

Q8.みんな仲良さそうなので入りずらくないですか?

確かに中学校が違うとは思えないほどの仲間感が

あります。

ただし、いろんな性格の選手がいるのも確かです。

ワイワイやるのが好きな人もいれば、隣で笑っている

のか好きな人もいれば、ベタベタするのが嫌な人も

います。

ADAPTの良さは、『自分がどうありたいか?』に

コミットすればいいので、誰かを変えようとか、

無理やり参加させるなどは一切ないです。

自分のペースで、色んな仲間と、バスケを通して

楽しんだり、悔しがったり、自分の心の癖と

向き合うトレーニングが出来ればと思っています。

そういう空気が選手どおしでもありますので、

最初は、少し不安そうでも、いつのまにか

自分の立ち位置で、無理なくやっている選手が

多いです。

Q9.下級生は何人くらいいますか?

2年生は5名、1年生は4名、6年生が2名です。

昨年でいうと、2年生になって加入した選手が10名は

います。 新チームになって、

「もっとバスケが知りたい!うまくなりたい!」

という選手が多いのかもしれませんね。

Q10.部活と両立できますか?

ほとんどの選手が部活と両立しています。

各中学校の部活の状況により、登録や遠征参加率など

様々です。

全員に登録の仕組みや、クラブのスタンスを説明

しますので、自分に合ったADAPTライフを満喫

してほしいと思っています。

Q.11絶対購入するものはありますか?

ありません。

ユニフォームは今年度から、ADAPT登録の選手のみ

作ることにしましたので、それ以外はありません。

アダプトTシャツもありますが、購入は任意です。

 

他にもざっくばらんにご質問をどうぞ。

adaptokayama@gmail.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ADAPTサポーター100プロジェクト~ご支援いただいてる皆さま~