お知らせ

2019 / 06 / 06  20:26

ナオさんのADAPT日記「二人のヒーロー」

千葉ジェッツ富樫勇樹選手と、

南海キャンディーズ山ちゃん。

ここ数日このふたりの男性が大きな大きな希望を

与えてくれましたね!

久々に「わぉっ!!!」と興奮しました。

テレビやSNSでどちらの会見も拝見しましたが、

本当に色々なことを感じさせて頂き、前向きな

気持ちになりました。

山ちゃんの会見で、

「色々苦労はあったけど、この世界を好きになって、

頑張っていればこんなにいいことがあるんだ!」と

いう意味のことをいったとき、相方のしずちゃんの

目頭が熱くなっていました。

そして、奥さまは、

「頑張りすぎてしまうところが自分には

あるのだが、それでいいんだ、と感じさせてくれる人」と

表現し、お互いをリスペクトしているのが

とても感じられたし、我々にも、深い何かを

教えてくれたと思います。末長くお幸せに♪

そして、富樫選手。

プロスポーツ選手は、身体も精神も技術も

鍛練し、その競技において卓越していなければ

ならないし、スポーツは勝ち負けがあるので、

「結果」がとてもはっきりしている。

他の職業と比べることは決して出来ないけれど、

やっぱり寿命も短いぶん、現役時代は

パフォーマンスや結果に応じて報酬にも

大きく反映される仕組み作りが必要だと

思っています。

バスケットボールは、競技人口は多いけれど、

日本が世界で勝っている競技ではないので、

ビジネスとしての人気がなかなか思うように

いかない側面も今はあるのかもしれない、、とも

個人的には思っています。

それでも地域によっては、bリーグの人気や

存在感は凄いことになっているようですね。

今回の千葉はその表れですよね。

実は、ナオさんの実家は、ジェッツの本拠地で

あるアリーナの歩いて20分くらいのところに

あります。

最寄り駅には選手の等身大のパネルや、

私鉄の車両は選手の写真でラッピングされて 

いたりします。

まさに、bリーグや、サッカーのJリーグが

目指している地域に根差す、スポーツで

地域を元気に!というのがとても感じられます。

わたしの母は、シルバー割引で試合を観てきたのよ♪

なんていう時もあります。

この度、クラブがされた英断は、

とても大きいと思います。 あくまで個人的意見ですが、

やはり単純に「プロスポーツ選手」は誰もがなれる

わけではない「憧れの職業」。

だから報酬だって破格にしてほしい。

他の仕事もしなければならないプロスポーツ選手は、

やっぱり子供たちの夢ではないから。

引退後は別として、現役中は、存分に競技に

集中し、感動を与えるパフォーマンスができる

環境作り、「市場」をクラブやファン、我々が作って

いきたいですね!

 そして、我々岡山からもジェッツやアルバルク、

ブレックスのようなbリーグ常勝クラブに入団したり、

A代表に選出されたり、報酬1億!!!プレイヤーを

輩出したい!そう本気で思いました。

納谷コーチが現役だった10年ちょっと前は、バスケ界が

このようになるとはなかなか想像できませんでした。

世の中の仕組みもそうですよね?

20年前は、インターネットとか、AIがこんなにも

我々の生活に密着するとは思いもしない世界でした。

どんなことが起こるかわからない。

限界は、自分が想像できる世界しか設定できない。

それを越えることだってあるんだ!

それも、もしかしたら誰にだって!?

そんなことを今週騒がせてくれたふたりの

ヒーローが感じさせてくれた、教えてくれたと思います。

20190605_210105.jpg

20190605_210010.jpg

20190605_205905.jpg

20190605_205649.jpg

20190605_205555.jpg

20190605_205331.jpg

20190605_204511.jpg

20190605_204901.jpg

20190605_204216.jpg

20190605_204227.jpg

20190605_204338.jpg

 

 

 

 

 

ADAPTサポーター100プロジェクト~ご支援いただいてる皆さま~