お知らせ

2019 / 01 / 31  20:28

思うこと

2月15日~17日に3×3の日本代表合宿が

岡山市から誘致を受け岡山で行われると

先日新聞の記事にもありました。

段取りの行き違いがあったのか、

体育館確保を何とかならないかと、

日本協会関係者から直接納谷コーチに

連絡があり、岡山商科大学さんが

提供下さることになった経緯があります。

それにしても、、、

上限何百万もの予算が税金から動くのに、

(助成金の詳しくは市のホームページに記載されています)

もっと情報公開があっても良いのでは?と

思います。

29年度に初めて誘致が実現したときも、

市の担当者の方と3×3関係者が納谷コーチに

日本協会を紹介してほしいとの依頼があり

動きました。

このときも、一部の学校訪問はあったようですが、

もっと、多くの市民が誘致を実感できるような

リリースや仕掛けがあればいいのに、、、と

話していたのを思い出しました。

夕方のニュースでみましたが、明らかに

もっとたくさんの人が関われたのでは?と

思いました。

今年の内容は異なるものになると、

我々は協会関係者から聞いています。

もう2週間後、一般見学などもきちんと

広く告知することはないのでしょうか?

オリンピック競技誘致事業、、、

その目的や、誰に何を届けたいのか?を

明確に動くことが大事だと思います。

せっかくの岡山市の政策です。

市のホームページにも、その目的がきちんと、

記載されています。

その検証をきちんとせねばならないと思います。

2回目の誘致、更には本番までにまだまだ出来ること

あるはずだと思うので、バスケ関係者として、

更には市民として、あえて発信させて

頂きます。

 

2019 / 01 / 28  20:36

起きる事全てに意味がある

20190123_190322.jpg

昨日は久々にシンドイ1日だったな~

と、いうのも朝一番に、ナオさん人生初のぎっくり腰。

何とか納谷コーチと息子を試合に送り出し、

泣きながら、ぎっくり腰の対処法を調べ

実践。とうしても高校の試合の応援に行きたくて、

不安を抱えながらも電車に乗って辿り着き。

 さぁ、ゲーム観戦。

 残念ながら負けてしまいました。

あくまでも個人的感想。

やっぱりディフェンスは明暗を分ける。

 50点以上スコアする選手がいて、ふたりで

70点以上スコアしたチームと、

2桁スコアする選手が5人以上だったチーム。

ゲームを観ていなくても何となくどんなゲームか

想像がつく人多いと思います。

バスケはシュートをいれること、その過程が

本当に面白い。

でも同じくらいそれを防ぐ過程もエキサイティング。

そしてディフェンスからオフェンスに切り替わる

リバウンド。

地味だけど、「勝負」を考えたとき、ディフェンスと

リバウンドは避けられない。改めてそう感じました。

 2日間会場に足を運びましたが、、ADAPTゼロ期生に

久々に会えたこと、皆が凄く活躍していることにも

心が震えました。

数名と話したけど、

みんな高校生らしくカッコ良かった!(笑)

 

スポーツだから、勝ち負けはある。

でも、競技じたいを純粋に楽しむ姿や、

応援する仲間や先輩、友達や家族。

いろんな思いが集結する会場はまさに

パワースポット(笑)

腰の痛みも不思議と体育館ではぜんぜん

大丈夫でした。

倉敷駅について、一人になったとたん、痛くて

痛くて、まるで生まれたてのコジカみたいな歩き方で

何とか岡山まで帰りましたが爆。

岡山高校バスケの今期は始まったばかり!

エキサイティングな1年を期待したいと思います。

ADAPTも、女子も含め年度終わりに近づき、

体験やお問い合わせが出てきています。

みんな大歓迎。

 合う合わないは正直あると思います。

たくさんの価値観があり選択できる時代です。

何がいいのか?!は自分しだいだと、私は

思っています。

そういう意味では、ここ数ヶ月何か起こったときに

よく考えることがあります。

「今に感謝」

どんな結果であれ、そこに居させて

もらっている自分に感謝。そして、

「打てば響く人に更なるチャンスを」

どんな結果であれ、打てば響く人は化学反応を

起こしてくれている。

更なる機会の提供を!そして、、、

「基準は、(それカッコいい?)か」

どんか結果であれ、カッコいい自分でいたいよね?

過程にコミットすること、自分に負けないこと、

未来を信じ続けること、仲間を信じ続けること、

それに応えようとすること、、、、、

「カッコいい」仲間と一緒に時を過ごしたい!

そんな風に思います。

「起きること全てに意味がある、いや意味を持たせる」

昨年暮れからたくさんのご褒美をもらって、たくさんの

出逢いや感動をもらいました。

そして昨日の出来事。

また試練のスタート!

神様、ありがとうございます!

起こったことに意味を持たせる!

それが我々のポリシー。

今に改めて感謝するからこそ、未来への更なる飛躍を

コミットせねば!と感じた1日でした。

みんな大好き!!!ありがとう!いくよ!

※写真はこの間の練習で、

 アオイが3年生に可愛がってもらってる写真(笑)

 

20190126_192616.jpg

 

 

 

 

 

 

2019 / 01 / 14  18:51

準優勝!!!

20190114_183434(0).jpg

先週の全国大会に続き、今日はグリーンアリーナ神戸で

行われたバスケフェスティバルに参加しました。

同じく先週全国大会に出ていた複数のチーム、

ジュニアオールスターや全中経験選手がいるチームなど

8チームでのトーナメント。

アダプトは準優勝でした。

ケガ、体調不良、受験ということで、

全国を戦った主力メンバー3名を欠くメンバーでの

参加となり、かつ朝早くから19時頃まで、

ゲーム、オフィシャル、ゲーム、オフィシャルの

繰り返しで決勝戦まで3ゲーム。

初戦は愛知県1位、2ゲーム目は大阪2位と

どれも気が抜けないゲームばかりでした。

 京都精華メンバーが活躍の京都との

決勝戦は、残り2分までリード。

でもさすがに最後、力尽きました。

でも、ナオさん、3人もゲームの最後に

足をつった試合を初めてみました。

それくらい、少ないメンバーで、

手を抜かずボールを追いかけ

シュートを決め続けた姿は、先週の全国大会に

続き鳥肌がたちました。

みんな本当にカッコ良かった!

全試合を通してナオトの要所の得点、

特に準決勝での最後の残り数秒での

同点からの決勝点シュートは

シビレタ!

ユウヤの勝負どころでの引き離し、ディフェンス、

3ポイント、ディフェンスを射ぬくアシスト、

ヒロムの流れを一瞬にかえる技?(笑)と、

決勝戦での8本のスリーポイント。

決勝戦といえばミハルは本来の力を出しきり

大ハッスル!

リンタ、コウスケ、シュウはきっちり

ファウルをもらいフリースロー!

ロク、コウジュも下級生ながら接戦の緊張感の中、

ノーミスどころか3年生に食らいつき、

ファウルができたり

ルーズボールでジャンプボールに持ち込んだのは立派!

そして、優秀選手賞に選出されたユウキ。

内外問わずの得点に加え、リバウンド、ブロック、

 攻守に渡り素晴らしい大黒柱を果たしました。

全国の全員で勝ち取った3位に続き、

この人数でしかも3ゲーム。

間の3回のオフィシャルも空気をよみながら、

先輩、仲間を気遣いながら協力してやってくれました。

今日も昨年のバスケ祭りのラブコールを頂き、

お誘いもはじめました!まだまだ楽しみます!

お休みしている選手、早く戻ってきて~

待ってる!!!

みんな本当にお疲れ様!そしてありがとう!

最後になりましたが、

今回Aコーチと審判で帯同してくれた岡山大学4年生の

コスモコーチ、声をよく出し選手を盛り上げて

くれてありがとう!

そして、何より2週にわたり、朝早くから夜遅くまで、

運転から応援、

全面的なサポートをしてくださった保護者の

みなさま、本当に本当にお世話になりました。

ありがとうございました。

20190114_095841.jpg

20190114_115850.jpg

20190114_115905.jpg

20190114_115859.jpg

20190114_174437.jpg

20190114_115902.jpg

20190114_115855.jpg

20190114_173413.jpg20190114_184658.jpg

20190114_185755.jpg

20190114_190431.jpg

20190114_174444.jpg

20190114_160759.jpg

20190114_160731.jpg

20190114_184248.jpg

 

 

2019 / 01 / 12  13:45

体験随時OK!(小学生も)

20190109_202641.jpg

20190109_204213.jpg新年になり、来年度からのバスケとの向き合い方を

模索している選手も多いと思います。

今月、来月と、ミニバスも中学生も大会参加の

有無が所属によって異なり、

時間のある選手とそうでない選手の差が

あると聞きます。

春先には全体の説明会や体験会を実施予定では

ありますが、今年は小学生も含め

随時の体験を歓迎します。

ただし、小学生は、水曜日は時間が遅いので

不可とさせて頂きます。

詳細はこちら↓↓↓

水曜日  19時~21時(中学生のみ)

土曜日  18時~20時

岡山商科大学体育館にて。

事前連絡必須。

(今月も含め体育館が変更の日もあります。

 必ず下記まで事前申し込みをお願いします。)

adaptokayama@gmail.com

20190109_203917.jpg

20190109_204657.jpg

20190109_204313.jpg

20190109_203236.jpg

 

 

 

2019 / 01 / 08  18:34

ナオさんのADAPT日記(振返り)

20190108_083457.jpg

今朝の山陽新聞に3位の記事が掲載されていました。

ありがとうございます!

改めまして、選手、保護者のみなさま、

お疲れ様でした。

昨年に続き帯同くださった吉田治療院の吉田院長、

コーチのアシスタントだけでなく、選手のTOの

サポートまで全試合してくださった

伊島女子ミニバスクラブの岡崎コーチ、

本当にありがとうございました。

そして、選手を派遣してくださった各中学校の

顧問の先生方、見守って応援くださった県協会の

みなさま、ありがとうございました。

 

今年は、全国大会が済みましたが、

実は次の週末も関西方面の強豪ジュニアクラブが

複数チーム集まる大会に呼ばれており

参加します。

受験も近いので全員での参加とはいきませんが、

またみんなでバスケを楽しんでこようと思います。

ADAPTだけに限らず、

今回の大会を通して強く感じたこと。

夏に中学校の部活を引退して、高校までの

期間に開催されるこの大会。

名称こそ変わりましたが、今回で第7回となる

この大会。納谷コーチも古くからお世話に

なっている愛知の方を中心にここまで

育ててこられたと聞いています。

全中やジュニアオールスターで活躍した

選手が多くいるチームと、中学校じたいは

大きな大会に出てはいないけれど

将来性が楽しみな選手がいるチーム。

ADAPTのようにいずれも混合して

いるチーム。

それぞれでした。

中学校じたいでは全国レベルの大会を経験していない

選手には本当に良い機会となる大会。

希望が持てること、多かったと思います。

一方で、中学校で実績を残した選手は、

今度は個人として、高校にいくまでに新しい

バスケに挑戦できるか?を試す大会。

自分の強みを再確認し、課題を知ることが出来る

場だったと思います。

何より、この大会の素晴らしいところは、

選手登録人数に制限を設けていないところ。

だからADAPTは、問合せがあった選手は

大歓迎で受け入れましたし、

県内予選前には下級生からも参加希望を募りました。

関東などは、早くから3か月間にわたり出場権を争う

大会がありますので、出場が決まってから大会登録

までの間に新たにジョインした選手もいるようでした。

それくらい選手ファーストが叶う大会です。

ADAPTは結果として11名で臨みました。

年末年始は、納谷コーチの商大附がウィンターに

出たこともあり、不規則な日程での調整練習と

なりました。

それでも練習ゲームや個人練習をこなし

集まるたびにチームワークも増して

いったのをひしひしと感じていました。

一方で体調やケガ面で不安がないとは言えない

状況もありましたが、各自が責任をもって

対処し当日を迎えてくれました。

大会期間中は、遠征慣れしている保護者様の

全面的なサポートにより、非常に恵まれた環境

 となりました。

ありがとうございました。

ゲームは日に2ゲームずつ。

どうしても各日の初戦は重かったかな~笑

それでも初日は全員出場。

2試合目の東京戦は、全中やジュニア

オールスターの大型選手が多く

こちらも気合が入りました。

出だしのディフェンス、速攻、集中した

シュートに会場中が驚いていました。

2日目は、山形と老舗クラブチームの

滋賀Lake Force。

少し離しても、さすが相手も強みを最大限に

出してきて最後まで気を抜けないゲームでした。

最終日、惜敗した準決勝は、何が、、というより、

色々な面において少しずつ思うように

いかないことが積み重なってしまった結果

だったように思います。

それでも最後までコートにいる選手は

プレスであたりミスを誘い得点を重ね続けましたが

4点差でタイムアップとなりました。

3位決定戦は、長身選手が複数いる大阪1位のチーム。

こちらの疲れもピーク。

準決勝で足を少し痛めたダイチは

吉田先生と納谷コーチが

相談し今後のことを考えベンチを選択。

ダイチ抜きでの戦いとなりました。

ダイチもベンチでみんなに声をかけていました。

ゲームは、出だしから、ハルキの気合溢れる

プレーで空気を作り、ユウヤ、タカ、ナオトが

大奮闘。ヒロムが随所で流れを作り、

ユウキは全てに渡り大黒柱を果たしました。

相手は次から次へとユウキより長身の選手が出てきます。

納谷コーチのアグレッシブなディフェンスでいく!

という指示をみんなで守りファウルも多くなります。

リンタ、ミハル、シュウ、コウスケと全員で

ファウルトラブルをしのぎ、

 結果、最後は点差が開いて勝利。

まさに今大会ADAPTの最終試合にふさわしい、

いや、秋以降のADAPTを物語る

みんなで掴んだ勝利だったと思います。

 やはり前評判でADAPTは凄く注目されていました。

会場でも選手もスタッフもたくさんの方々に声を

かけて頂きました。

貴重な経験に心から感謝したいと思います。

3月までまだあります。

今週も遠征です。

昨年はバスケ祭りをしました。

下級生もウズウズして待っています。

「成長できる場を提供する!」

今回もたくさんたくさんヒントをもらいました。

今、ADAPTに関係していない選手も

ぜひ「機会がきたら」ADAPTの門をたたいて

みてくださいね。

いろんな経験をして、いろんな仲間と

切磋琢磨しよう!

大会ホームページからのYouTubeや

インスタでもアダプトの様子をチェック

お願いいたします!

https://www.jcbg.info

20190106_154625.jpg

20190106_154532.jpg

20190106_152823.jpg

20190106_152735.jpg

20190106_160318.jpg

20190106_151011.jpg

20190106_141303.jpg

20190106_113711.jpg20190106_144756.jpg

20190106_113721.jpg

20190105_095954.jpg

20190106_105940.jpg20190105_133542.jpg

20190106_144828.jpg

 

 

20190105_135419.jpg20190106_161608.jpg

20190106_161607.jpg

20190105_131319.jpg

 

 

20190106_101522.jpg

 

 

 

 

1 2
ADAPTサポーター100プロジェクト~ご支援いただいてる皆さま~