ADAPT日記

2022 / 12 / 05  08:30

(ありがとう)ナオさんのADAPT日記

(ありがとう)ナオさんのADAPT日記

今年度の3年生の公式戦が終わりました。

全クラ予選、決勝までいってくれたことは、

ADAPTプライドだった!と誇りに思います。

よくやった!

岡山もクラブが増え、全クラには簡単に出場できる環境では

なくなりました。

今年度のメンバーで一番古い3人は、2年生からADAPTでの登録を覚悟して

取り組んだメンバー。決して中学校の環境が悪かったわけでもない中、

悩んで悩んで周りの方々のご理解を得て覚悟したのが約1年半前。

ADAPTは、県内で最初に、部活も入っている選手が、

クラブ登録をすることをして、いいことも、そうでないことも、

県内の大会ルールへの投げ掛けや課題を残してきた。

今の高校2年生の代。覚悟して決めて、そして結果を出した先輩たちを

1年生のときからみてきた3人だ。

ただ、課題もいっぱいあって、ナオさんがガチギレした出来事も

あった。

そんな彼らを中心に、ADAPT登録へ切り替える選手、

彼らがラブコールをし続けた選手、

ADAPTに興味をもっていてくれていた選手たちが

ジョインし今の8名となった。

ADAPTが大切にしているバスケ観をぶらさずに、

選手ひとりひとりの個性をいかして、どうコラボしていくか?

コートの中も、外も、最後まで正直試行錯誤だった。

春、夏とキャンプを重ねて、最後のシーズンに入ってからも、

試合ごとに成長する部分と、どうにもならない部分との

せめぎあいだった気がする。

ジュニアバスケならでは(笑)

でも、確実に言えるのは、

『せったら勝てる!』

これがナオさんの今年度のチームの『根拠のない自信』(笑)だった。

逆に昨日の決勝戦みたいにいちど歯車が崩れると、

あれよあれよと、こんなに大差で負ける?という内容になっちゃうんだけど汗。

2年生のときの県交歓からメンバーは半分かわっているけれど、

あの頃から、せった試合はほぼものにしてきた。

だから、ジュニアウィンター予選の再延長になったときも、

全クラ予選の準決勝も、すごくせったゲーム運びになったから、

心底選手を信じることができた。

『絶対に負けない』

そう自信があったから、ベンチで彼らに何度も何度も

『大丈夫、予定どおりじゃん、せったら勝てる』と

伝え続けた。

ADAPT発足して3年くらいは、納谷コーチがスケジュールが合い、

ベンチに入れることが多かったけれど、ここ最近は難しい。

コロナもあり、大会や試合が少なかったのもあるけれど、

たぶん今年度の3年生は、発足以来、一番ナオさんと、

ハードな試合を乗り越えてきた代だと思う。

そして結果も残してくれてきた。

勝ち負けだけではない大きな『ADAPTらしさ』を8人が残してくれたと

思っている。

ベンチにいて、とても、とても、と~っても楽しかった!!!

昨日、途中ケンカみたいになりながらも(笑)、レンが『楽しもう!』って、

カリカリしながら(笑)タイムアウトのときにいってた。

 どんどん点差は離れたけれど、いろんな意味で、みんなと

試合できていることがとても楽しかった!

これで、ひとまず終わりか~って昨日は何度かベンチで

思って寂しい気持ちもあったけど、みんなに、

ありがとう!の気持ちの方が大きかった。

全国大会は、そう簡単に手にできるものじゃない。

手にしたって中止になった先輩たちもいる。

でも、本気で『行きたい!』って思って、取り組んだことは

みんなにとって、とても意味があったことだと思う。

バスケも、人生もこれからが面白い。

そのエネルギーとか、ガソリンをどんどん補充しているのが今。

春がきたらいよいよ出発。

あと少し、勉強も生活もバスケも入念にスタートダッシュする

準備を整えてほしい。

 

最後に、ADAPTには実はまだ3年生がいる。

彼らは、2年前、ADAPTが新しい試みをするきっかけとなった選手だ。

彼らに出会って、ナオさんのクラブ創りの価値観に変化があった。

その後それは拡大し続けていて、ナオさんにとってひとつの

エネルギーとなっている。

このことはまたの機会に詳しく書こうと思っている。

 

 

 

 

 

1
ADAPTサポーター100プロジェクト~ご支援いただいてる皆さま~