お知らせ

2020 / 12 / 20  19:26

ナオさんのADAPT日記

IMG00027_HDR.jpg

『友達』

 

奈緒さんには大切な大切な友達がたくさんいる。

昨日は、思いもよらず、ある人から

プレゼントが届いた。

彼女とは仕事で出会い、

プライベートでも仲良くなり、

それでもお互い30代を越えてからは

なかなか会えなくなっていた。

数年ぶりにいきなり海外出張のため成田で待ち合わせ

してサンフランシスコ行きの機内でお互い数年間の

近況報告をしたこともあった。

その間、結婚、出産、転職など、すごい変化を

称えあった。

 

ナオさんが6年前に岡山にきてから、ますます、

お互いの環境がかわり、かつ彼女は、人として

避けては通れない経験を少し早く経験していた。

 

だから、よけいにまめに連絡もとれず年賀状くらいの

やりとりになっていたけれど、それも昨年から今年に

かけて難しい状況だった。

 

それが、昨日久しぶりに便りが届いた。

文面から、ますます素敵な彼女になっていることは

すぐにわかった。

強さと、優しさと、しなやかさと。

 

そして粋なプレゼントが入っていた。

鏡だった。

ナオさんが一年前に心を寄せたお礼がしたかったと。

なかなか連絡ができなかったお詫びと、

一年前に自分が嬉しかった気持ちを奈緒ちゃんにも

味わってほしいとプレゼントを考えてくれたと。

 

ナオさんは、いろんな感情がこみあげて、

このCHANELのコンパクトをあけたら、

ぐっしゃぐしゃな顔して号泣している自分が 

うつっていた。

 

友達、、、、

この年になると、会えないひともたくさんいる。

昔はケンカしたひとも、いがみ合ったひともいた。

でも、どうなんだろう?

本当に大切なものは手放しちゃいけない。

少し遠くても、気持ちは伝えたらいいし、

少し遅くても、やっぱり気持ちは伝えた方がいいし、

少し照れくさくても、何としても気持ちは伝えたほうが

絶対いい。

 

ひとつ言えることは、

『全ては受ける側の状況しだい』

だから、仮に拒まれても、仮に無視されても、

仮に笑われても、それは、『今』相手がそういう

状況ではなかっただけのこと。

自分がどうとか、そんな風におもうことはない。

何より、自分にとって大切な友達を、

自分が思う大切にする行動を表現したらいい。

好きとつたえることも、ありがとうと伝えることも、

そっとしておくことも。

いつか気持ちが通じればいいな、、、それくらいの

大きな思いで届けよう。

クリスマス、年末。 こんな時だからこそ、 

自分の大切なひとに、自分なりの表現で

気持ちを伝えることができたら素敵だね。

 

ADAPTサポーター100プロジェクト~ご支援いただいてる皆さま~