ADAPT日記

2022 / 04 / 10  19:51

ナオさんのADAPT日記

IMG01276.jpg

怒涛の年度始めを過ごしています。

本当に有りがたいです。

まずは、色々なところで、ADAPTが大変

お世話になりました。

お休み返上でご対応くださった先生方、

クラブ関係者のみなさま、本当にありがとう

ございました。

倉敷カップ、エイブルカップ、エイコーカップ、

通常練習!

お陰様で、ADAPTは、U15、U14①とU14②、

そしてお留守番となった選手の練習と、

この2週間は、全員が同じスケジュールではなく、

それぞれの立場で、それぞれを尊重しながらの

時間を過ごせたと思います。

これを実現するために、各種大会に、コーチと

審判2役で帯同してくれるかずきコーチを

始め、クラブを支えてくれる色んな方が

あってこそ、実現していることを忘れないで

ほしい。

同じ日に別の大会に出るなんて、たぶん

県内のクラブで実現できているのは

ADAPTくらいかと思います。

そして、大会に出たくてもメンバー入りしなかった

仲間だって、ADAPTにはたくさんいます。

 

そういうことを背負ってのこの2週間。

みんなどうだったかな?

コートの中でのこと、それ以外のこと、

過去になく、たくさん厳しいことを選手にいいました。

先輩がこれまで築いてくれたADAPTプライド。

今在籍する選手の高い可能性。

 

ナオさんのモットーは、この日記でもよく

書いている『起きること全てに意味がある』

どんな困難や、キャー!!て泣きたくなることも、

『成長するための通過点』

『神様が何かを伝えてくれてるんだ!』と

捉えて、『ピンチをチャンスに変換する術』

 

そして、今日はあえて伝えたい。

『現状維持は後退だ』という概念。

 

うん、みんな頑張ってる!いいやつだ!

大好き!

でも、ライバルも仲間も友達も、み~んなも

頑張ってるんよ。

 

より高い目標や果実を求めるのならば、

それなりの覚悟が必要なのだ。

『甘ちゃんだな~』てナオさんが思うことがよく

あるのはなんでだろう?

いいんだよ、甘ちゃんくんでも勝ちえるくらいの

ものを欲しがってる集団ならね。

でも、違うよね?知ってしまった世界がある以上、

目指したいし、そうなりたい!って思ってるんだよね。

だとしたら、人と同じことをして、人と同じ目線で

物事を見ていたら難しいよね?

もう一度いう。

俺は頑張ってる!

うん、頑張ってるよ。でも、隣の誰かも頑張って

るんだよ。

だから『現状維持は後退』

量だけじゃない、そのやり方や時間の使い方、

エネルギーの使い方、全部含めて、どんどん

進化が必要なのだ!

それが

『あのとき、自分は、誰よりも悩んで苦しんで

工夫して、そして頑張った』という自信になるから。

 

その『自分自身への自信』こそが本当の力と

なって、いざというときに発揮するのだ。

 

詳しいことはわからない。

でも、今回痛感したのは、倉敷南中のたぶん

キャプテンなのかな?彼のただずまい。

会場準備や片付け中と常に周囲に気を回し、

自ら動く。

手が空けば、『代わります』と次の仕事。

関係者には、きちんと目線を合わせて

おはようございます!などと挨拶。

 

岡山県のトップチームの選手として、

憧れるし、何より他のチームでも応援したくなる。

 

彼からは、覚悟や背負っている伝統や、

何よりプライドがひしひしと感じられる。

 

果たして、今の我がチームには、そういう選手が 

何人いるだろうか?

自省も含め考えさせられた年度始めだった。

 

 可能性がないメンバーなら、ナオさんも

諦めるんだと思う。

でも、現状維持で後退や、目の前にある

成長機会をみすみす逃す集団ではいたくない。

そう強く思った年度始め。

P.S 厳しい感想を綴ったけれど、実は随所に

『よっしゃ~!!!』のプレーが続出したのも

事実。だからこそ、だからこそ、かけ算で

駆け上がりたいのだ!

 

 

 

ADAPTサポーター100プロジェクト~ご支援いただいてる皆さま~