ADAPT日記

2020 / 12 / 13  20:32

ナオさんのADAPT日記

ナオさんのADAPT日記

今日は久しぶりのスクリメージでした。

ここ2週間、試験や何やらで、コミットした練習が

出来ていなくて、体力面や、集中の仕方、

シュートの精度など懸念点をあげれば正直キリがない

状況。

でも、そのわりには、悪くない内容でした。

理由を分析してみました。

①単純に、

「バスケができて嬉しい、ADAPTでゲームが出来るのが

楽しい」→好きなこと、やりたいことだから。

 

②これは確信したこと。

「仲間を感じながらプレーできるようになった」

得意なところを活かして、ダメなところは

みんなでカバーする総合力。

 

選手がみんなそれぞれの特徴を理解して、

ゲームするようになってきている。

これは、U15大会を通して感じたこと。

 

コウキが持ったら、走ればパスがくる!

シキはあいたら仕掛ける!

カズキのディフェンスの仕掛けは突破口!

イッセイが入りだしたら何かチームが落ち着く!

 落としてもヒビキが次に繋げてくれる!

エイタは実は走ってくれる!

アキトが出てきたら絶対何かが起こる!

ツカサが決めたらもう最高!

カイは入るまで打つ!

リュウが出たときはリズムをガラリと変えたいとき!

コウジュは何だかんだ安定(笑)

リキはプレータイム短くても何かする!

ナイトが出るとバスケになる!

ユウトの緩急に味方が騙されちゃいけない!

ソウタは隠れシューターとリバウンダー!

 

たぶん、これを見た当事者15名は、納得するはず。

あえて言語化してみた。

 

③強みを強化し、弱みをカバーすることを理解してきた。

オフェンスもディフェンスもスバ抜けた1on1力はない。

ならば「チームで守る」こと、もっというと

「チームで攻撃的に守る」という意味の理解が始まった。

リバウンドも、1度でとれないなら、ヒビキがとんで

はじいてくれたボールを誰かが、それを取る場面が

増えてきた。

速攻で、どうしてもいいアウトナンバーになっても、

ツメがあまい。ならば、もうひとり参加する!

とU15大会の初戦の反省で納谷コーチに言われた。

速攻に、あとひとり絡むことが、増えた。

 

「仲間が何かをしてくれると理解し、それに反応する力。

だからそれを信じてプレーできるようになった」

 

つまりは、

「同じイメージを持ってバスケができるようになってきた」

これは、一番大切なこと。

よくあるのは、みんながバラバラに好き勝手なことを

しているチーム。

ナオさんは、こういうチームにはなるな!といってきた。

 

今、ADAPTは、ADAPTのバスケのモットーや大原則、

仲間の特徴を理解できたプレーになったからこそ、

多少の練習不足やゲーム中のビハインドも、

「勝負所」を「どう切り抜けるか」が

言われなくても自分たちの中で共有できるようになって

きたと思う。コートの中でも外でも。

 

ナオさんは、選手の「底力」を益々信じたいと思った!

 

 

 

 

 

 

2020 / 12 / 08  20:49

ナオさんのADAPT日記

ナオさんのADAPT日記

インカレも始まりましたね!

納谷コーチの岡山商科大学附属と

倉敷翠松さんが出場するウィンターカップ、

更には、倉敷南中学校さんと、竜操中学校さんが

出場するジュニアウィンターカップも組合せが

発表となりました!

そして、そして!

ADAPTと、女子はGemstoneさんが出場する

愛知県で開催されるクラブの全国大会も

出場チームが発表されました!

(組合せは未だ)

https://www.basketball-zine.com/u15-cbg201207

 

コロナ渦でも開催に向けご尽力くださっている

全ての皆様に心から感謝いたします。

 

2020 / 12 / 06  21:39

ナオさんのADAPT日記

ナオさんのADAPT日記

20201205_185044.jpg昨日は『ミッキープロジェクト第一弾』でした!

サッカーのトレーニングをバスケに!

元プロサッカー選手が教えるバスケのためのトレーニング!

事前MTGで、ナオさんからは下記を依頼しました。

 

⚪プレーしながら声を出す

⚪走る(前に後ろに横に)とまる、また走る、

 飛ぶなどの動作をスムーズに機敏に力強く

⚪だます、かわす 楽しさを知る

 

上記を「学びの目的」として、

メニューなどを考えてほしいと。

 

60分のセッションでしたが、とても愉しく、

かつ目的を意識したものでした。

選手は初めてのわりに、すぐに内容を理解してくれ

チャレンジしていました。

「効果」として表れるには、トレーニングの目的を

細かいところまで噛み砕いて、繰り返し行うことが

まだまだ必要だけど、なるほど、、という仕掛けが

盛りだくさんで、納谷コーチも、今後もこういう視点

からのトレーニングも積極的に取り込みたいね!

という感想でした。

 

内容を少しだけご紹介。

動画はトップページからInstagramを

見てみてね!

 

鬼ごっこ → 声を出す
→伝える(どこかあいている、とこがあぶない)
ステップ → リズム、胸をはる、腰をひねる
肩からまわすと次の動作× 
駆け引き → いろんなパターン。
足をみる?上体をみる?目を見る?
どうやってかわすのか?
全てに遊びやゲーム感覚が混じっていて
かつ選手のクリア具合によって、次から
次にルールを更新したり、随所にペナルティとして
少しハードなワークを取り込むなど、
飽きさせない仕掛けは
とても参考になりました。
頭の回転や機転が必要。
これはサッカーもバスケも同じ。
リズミカルでテンポがいいエクササイズは
学びたい気持ちを加速させます。
そういうことを盛り込みながら、
かけひき
足の動き
からだのひねり
ボディコントロール
タイミングを、ずらすにはどうしたら良いか考える
こんなことを
「サッカーのエクササイズでバスケにも必要な事を学ぶ」
トレーニングでした!
ミッキープロジェクト第二弾に続く。。。。
1 2
ADAPTサポーター100プロジェクト~ご支援いただいてる皆さま~