ADAPT日記

2020 / 06 / 13  22:16

ナオさんのADAPT日記

ナオさんのADAPT日記

コロナに梅雨に、、、

コンディションとしては、決して良くない日々ですが、

心は前向き、弾んでる♪

仲間がいるから、仲間になりつつあるから。

ADAPTは、新1年生や小6年生など、新メンバーも

少しずつキャラクターが出てきて(笑)、

2年生は、たぶん凄い変化の年になりそうな予感

バンバンで(喜)、

3年生は、更に更にキャラクターが濃くなり(爆)、

女子も週に1回一緒で、、、(嬉)

エネルギーが満ち溢れています。

このエネルギーを消してもいけないし、

コントロールしてもいけない。

色々な意味でどんどん開花しようとする皆を

見守りたいと思う。

口うるさいことも言うし、カッコいいね!とも

言うし、大好き!とも言う。

みんなは、勉強も塾も部活も、友達関係も、

受験も、いろんなことある中でよくやっている。

面倒臭いな、、寝てたいな、、ゴロゴロしてたいな、、

誰でもある中で、でも、バスケ好きだし、

行ったらやっぱり『楽しい』『嬉しい』『ワクワク』

そんなことがあれば、そっちを、選ぶ癖や習慣を

知ってほしい。

きっと、迷ってたその一瞬より、また違うものが

見えるから。

もちろん、嫌な思いをしたり、自信をなくしたり、

ムカついたりもあるだろう。

でも、それってやっぱり動いているから、進んでいる

からなんだと思う。

何もしなければ傷つくこともないけど、進むこともない。

だから、ちょっとでも、進んだ日は、

人と比べず、そういう『今日』や『今』を過ごせている

自分を好きでいればそれでいい。

そして、やっぱり体も心も休めたいときは、

思い切って休めばいい。

そうやって、自分と『付き合う』ことができれば

それで十分。

こんな時代、こんな世の中だからこそ、本心から

そう思う。

ワイワイ練習しているみんなを見ていて、

幸せだな~と感じながらそんなことを考えて

いました。

Instagramが始まったので、少しでもカッコいい

瞬間を撮ろうと頑張ってます(笑)

たくさんナイスプレーが飛び出すけど、

フィニッシュがね~爆。

今は試合も近くないので、許しますが、

このあたりを普通に決めてこられるように

なると、何だか次の扉が開くというか、

次のステージに進めそうとか、そんな風に思う。

それにしても、センターにもパスが入るように

なってきたし、ワンパターンではなく、

ディフェンスの動きを見て反応するバスケに

なってきたし、たぶんみんなバスケがもっと

したくなったり、うまくなりてぇ~!!!て

気持ちが強くなってきている選手が多いのではないかな?

どうかこのままみんなが輝ける夏を迎えたい。

全中もインターハイも国体もなし。

県内で企画されている大会だけは、どうかどうか

無事開催されることを本当に願いたい。

 

 

 

 

 

 

2020 / 06 / 13  11:06

Instagram始めました!

Instagram始めました!

写真や動画の容量を考慮し、日々の活動の様子は

Instagramを利用することにしました。

アナログなナオさんで、SNSは、かじる程度でしたが、

自粛中、非公開YouTubeを使っての

2週間ADAPTチャレンジなど、思わぬ利用価値も知りました。

Withコロナ、必要なところは、価値観も変えていこうと思います。

この日記と一緒に楽しんでください♪

Instagramは、『adaptokayama』で検索してみてね。

※6月21日(日)PMに予定している説明会を兼ねた体験会、

場所など詳細は個別に御問い合わせをお願いいたします!

 adaptokayama@gmail.com

2020 / 05 / 22  22:23

ナオさんのADAPT日記(オンラインミーティング)

20200522_222238.jpg

少し気持ちも落ち着いて、

コロナで辛く経験したことをシェアして、

そして気持ちもリフレッシュして、

そして未来を語りました。

25年くらいのお付き合いの仲間たち。

大企業で働き、地元でジュニアクラブを

立ち上げ育成に携わり、

成人国体にも関わる彼。

bリーグの前身であるJBL、もちろん

日本代表でも活躍し、

今でも選手マネージメントや

ジュニアクラブ運営、解説などで

活躍する彼。

子供たちが同世代ということも、奥さまたちも

とてもチャーミングということもあり(笑)

ここ数年は家族ぐるみのお付き合いをさせて

頂いている方々。

関東、関西、岡山、、、、

このコロナ時代、会えないのでリモート飲み会を

してみました。 

ひとりは、わたしのことを、今では

誰もつかわないハリという高校時代の

コートネームで呼びます(笑)

それはそれは深い内容になりました。

コロナ。

全中、インターハイが中止。

どう思う?

で、どうする?

自分は何ができる?無力さや情けなさと。

bリーグって、どうなるの?

こんな時代の中学→高校→大学→bリーグの

スカウティングって??

バスケ選手からのセカンドキャリアについて。

ひいては、

バスケットボールって、コロナ時代では

なくなってしまうスポーツかもしれないよね?!

俺たちは、そのときはどうなる?どうする?

そんな話まで出来て、10代後半から知っている

仲間たち、アラフォー、アラフィフになって、

それぞれが真剣に生きるフィールドをそれぞれに

尊重しながら、冗談を交えながら、それでも

厳しい意見を投げ掛けたり、リスペクトしたり、

それはそれは有難い時間となりました。

コロナがなければ、こういう手法での

コミュニケーションは

思い付かなかった。

納谷コーチは、久しぶりに心底の

刺激をもらったみたいでした。

ナオさんは、途中途中会話に飛び入り参加して、

言いたいことを言ったり質問したりと、

楽しませてもらいました。

学生時代にバスケを通して知り合って、

今でも全く異なる形でバスケに関わり、

違う立場で日本のバスケに関係している。

共通するのはバスケ大好き。

バスケが出発点や軸。バスケが全てでもあり、

バスケだけが人生じゃない。

そんな尽きない話をして、

それでも、それぞれの『明日』が来ることに

大感謝なのだ!、ということを深く

胸に刻んだミーティングとなりました。

人生について、バスケについて、生き方について

オンラインミーティングでも、

こんなにも掘り下げて考えることが

できる。手法ではなく、コンテンツなのだ。

それが本質。またヒラメイタ!ぞ。

ありがとう、また。

 

 

 

 

 

 

 

2020 / 05 / 17  19:14

ナオさんのADAPT日記(初の外練???)

ナオさんのADAPT日記(初の外練!)

新緑に笑顔。 

コロナもあるし、

体力もなくなってるし、

暑さもあるし、、。

でも、

久しぶりに集まって、お互いに

みんなの『温度』を

感じることが出来ました。

コロナが現れて、ツラい日々を送り、

今、その意味を考えています。

様々な解釈があるようですが、

私なりの解釈を。
『最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるでもなく、
唯一生き残ることが出来るのは、
変化出来る者である。』
大それた話ではないけれど(笑)、
最近、仕事をしていても、
ママ友と話していても、
ニュースを見ていても、
日常のあらゆるところで
この言葉を思い出す。
正解はわからないし、何が起こるか
わからない。
だからこそなのかもしれない。
そういえば(笑)、
クラブを作るときの思いをチーム名にした。
『ADAPT』=『適応する』
今日の選手を見ていて、勇気が沸いてきた。
2020 / 05 / 10  22:00

ADAPT2週間チャレンジ振返り

1588565795271.jpg

ADAPTでは、この2週間

『ADAPT2週間チャレンジ!!!』と称して、

毎朝、同じ時間にメンバーサイトへ

ナオさんからの課題をアップ。

夜は同じ時間に納谷コーチの

トレーニング動画をあげ、

クリアしたらポイントを貯めていく、

というチャレンジを行ってきました。

朝の課題は、バスケットに関する問題から、

昔の自分への手紙、それは誰が書いたものか?クイズや、

お手伝いの指示、ストレス発散企画、

絵や習字の展覧会、ナオさんが指定した好きなもの30!

を答える、、などなど、

休校やstayホームを強いられる中、少しでも

楽しもう!と企画しました。

そして、何より「繋ぐ」を意識してきました。

集まって練習できない中、ADAPTの選手であること、

ADAPTの活動を継続すること、

バスケや仲間を思う気持ちを

「繋いでいたい」という思いからです。

毎朝同じ時間に起きて課題を確認、

(寝坊したら見れないよう基本は15分で削除)

筋肉の名称を調べたり、栄養素の問題を

答えたり、バッシュを干したり、

靴を洗う指示もありました。

大接戦というシチュエーションで

残り十数秒でコートにいる選手の名前が

5名指定され、それに合った

フォーメーションを考えるという

課題もありました。

絵や習字のメンバーサイト内での展覧会は、

誰が書いたかは基本的にはわからない仕組みですが、

日常とは違う特技をみんなで知ることができたりして、

とても楽しかったです。

選手によっては、課題やポイントの確認メールを

自らくれ、その前向きさ、真剣さ、本気さも

感じられ嬉しかったです。

今日は歌声やピアノ演奏を届けてくれた選手もいました。

感動。

納谷コーチは14日間、毎日違うトレーニングを

考え、自らの重くなったカラダを使っての(爆)

見本動画を撮らせてくれました。

ありがとう♪

また、この2週間、嬉しい報告メールもいくつか

頂きました。

あの選手が?!という選手が毎日走っているとか、

毎朝遅れずに起きて規則正しい生活をしているとか、

この企画を通して、休校や部活停止中でも、

バスケを感じられているようだなど、、。

 また、たまたまですが、最終日が母の日と重なった

こともあり、非日常の演出をした選手も複数いたようです。

 

ナオさんも毎日ADAPTのことを考えました。

今日の課題を考えると、みんなのことを思う。

そうすると、未来を想像することが出来ました。

毎日のトレーニングや課題は、身体や知識をつくり、

『前に繋いで進んでいく。』

仲間のことを知ったり思う気持ちは、学年や

入った順など関係なく

『横に繋いで結んでいく。』

このチャレンジを始める時に考えたコンセプトです。

 

世の中は、いろいろ変化していくみたいです。

育成の在り方も変化が必要かもしれません。

これからも、ADAPTらしく、

一緒にバスケがしたいメンバーと、

やりたいことを、やりたいように、

ADAPTしかできないことをワクワクしながら

見つけていきたいと思います。

20200510_123100.jpg

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
ADAPTサポーター100プロジェクト~ご支援いただいてる皆さま~